人工知能のテストから始まるサスペンス「エクス・マキナ」

あらすじ:検索エンジン最大手のブルーブック社で働くケイレブは、ある日社内の抽選に当選し社長の別荘へ招待される。別荘にいたのは社長のネイサンと彼が開発した女性型アンドロイドのエヴァだった。ケイレブはネイサンに頼まれ、エヴァの人工知能が完璧かどうか会話によるテストを始めるが、エヴァは停電で記録カメラがオフになった合間を盗み「ネイサンは嘘つき」と警告する。 人工知能が人と交流を深めるほっこりSF映画…と思って見始めるとなかなかのスリラーっぷりに戦慄する。

続きを読む

地道な刑事ドラマと見せかけてサスペンス「ブラッド・ワーク」

あらすじ: 連続殺人事件を追っていたベテランFBI捜査官。ある日犯人の追跡中に心臓発作を起こし、引退して臓器提供を待つことになる。 数年かけてドナーが見つかり手術は無事成功したものの、退院した彼を待っていたのはドナーの姉だった。通常はドナーとレシピエントの関係は伏せられるが、彼女は手術の新聞記事から、妹と同じ珍しい血液型の男性が、妹が殺されたすぐ後に手術を受けたことから気づいたという。捜査官の心臓は強盗殺人事件の被害者の物だった。 姉の願いは事件の真相を突き止めること。元プロファイラとして捜査を進めていくうち、単なる行きがかりの強盗事件として片付けられていたはずの事件は次第に不可解な面を見せる。

続きを読む

秘密を共有する青年たちのサスペンス「ロープ」

アルフレッド・ヒッチコック監督 二人の青年が同級生を絞殺する。動機は彼らがその友人より優れていることを証明するため。 そして死体を部屋に隠したまま、同級生の家族や婚約者たちを招いてホームパーティーを開く。完全犯罪をやりおおせた高揚感から青年はさらにスリルを求めるが、次第に犯行が露呈していくーー

続きを読む