お茶屋の旦那衆になった気分で「舞妓はレディ」

あらすじ:京都の花街に一人の少女が転がり込む。女将には門前払いをくらいそうになり、なじみ客にはあまりの田舎訛りを笑われるが、居合わせた言語学者が「京言葉を仕込んで立派な舞妓に育て上げてみせる」と賭けを持ちかけたことで晴れて舞妓見習いがスタートする。

続きを読む